大阪でゴミ部屋ができあがったときはまずものを減らすこと

部屋をキレイに保とう!

大阪の片付けられないゴミ部屋の住人

洗濯機を運ぶ人

バイト先で知り合った女性の家に遊びに行った時のゴミ部屋体験です。その女性は大学院生で頭良くて社交性もありだらしない感じは全然なかったです。どちらかと言うと小綺麗な感じです。DVDを借りて一緒に見ようと言う事になりバイト先の近くの女性のアパートに行きます。1Kの部屋でしたが新しい感じのアパートです。まず部屋の玄関のドアが開きません。やっと一人通れるくらい。玄関には靴の山です。
そのまま通路はゴミだらけでゴミの上を歩いていき部屋はゴミの山でした。お菓子屋や弁当の食べ残しに大量の空き缶とペットボトルがありベッドの上は服や下着が散らかっています。ベランダをあけると燃えるゴミの袋が山積みに。どこで寝るのか心配になるくらいでした。色々とゴミ部屋で話しを聞くと分別ができなくて注意されてからゴミを溜めるようになったらしいです。
大学での研究と勉強とアルバイトで時間もないようでした。遠くに住んでる親からたまに来て片付けしていた見たいですが最近は体調を崩したらしく誰も片付けしないためにこうなったようです。2時間くらいで自分は喉が痛くなり頭痛もしてきました。健康にも悪いと思って3日間で一緒に片付けしました。ゴミ袋40枚くらい使った記憶があります。その後は疎遠になりましたが今では片付けられるようになったのかな?とふと思いだします。

TOP