大阪でゴミ部屋ができあがったときはまずものを減らすこと

部屋をキレイに保とう!

大阪でゴミ屋敷ができあがるまで

不用品の積まれたトラック

テレビでもよくやっている、ゴミ屋敷の特集ですが、最近は物珍しいことではない気がしています。発生のメカニズムをみると、普段の何気ない行動により、ゴミ屋敷になる可能性があると思います。そこで、ゴミ屋敷になるまでのメカニズムについて紹介します。ゴミ屋敷を作ってしまう原因としては、2つあります。その2つとも、人間の心情に基づくものとされています。
1つ目は、無料のものや試供品、また念のために買っておこうと商品を余分に購入してしまう癖のある方は要注意です。例えば身のまわりで、無駄に購入して、いずれ使わなくなったものがどれだけあるでしょうか。もし買い置きの癖がある方は要注意です。またホテルに泊まり、備え付けの歯ブラシやシャンプーを持ち帰る方がいらっしゃると思いますが、自宅で使われたことはありますか。無駄なゴミ化したものが自宅にある場合は要注意です。
2つ目は、なかなか捨てられないという癖のある方です。例えば洋服です。普段着るもの、着ないものを分けることができず、いずれ着るだろうと思い込みをしてしまう方です。いわゆる断舎離ができるか、できないかです。タンスに眠る洋服がどれだけあるでしょうか。1年以上着ていない服がどれだけあるでしょうか。洋服の整理は必要です。季節ごとに洋服を入れ替えるタイミングなどで、整理をしてみるのが良いと思います。

TOP