大阪でゴミ部屋ができあがったときはまずものを減らすこと

部屋をキレイに保とう!

大阪でもゴミ部屋の原因は物の多さ

いるもの

これは今住んでいるところではないのですが実家が準ゴミ部屋になるのではないかと思ってます。どれ位の汚れ具合かというと、収納スペース(クローゼットや押し入れ)が少ない為、家具等の大きい物が多くて家具が大きいと沢山物が収納できると思ってしまうわけです。必然と物が多くなり、整理整頓もできませんでしたので床や階段の途中とかに「物が放置」→「足の踏み場を少なくする」、ということになります。
うちは母が準専業主婦のようなもの(朝新聞配達を3時間程する仕事)で昼間は家にいますが基本家事をしないので、もちろん掃除もしませんでした。全くしないというと語弊がありますが絶対に一人では掃除をしません。家族総出とかで手伝わされますので皆で掃除しました。でも、掃除した後でも1週間後には折角収納した物が床に落ちてたり(主に脱いだ服や日用品)します。家族の誰も拾ったりしないのでどんどんエスカレートしていって結局また元の汚い部屋になるわけです。
個人的には多趣味な人や古くなって使わなくなったものを捨てる事が出来ない人が部屋を汚したり、まぁ正確には「片づけることができない」→「部屋を掃除したくても出来ない」となると思います。また、掃除しないと当然ほこりが溜まるので、「物が多い」→「掃除しにくい」→「掃除しない」→「ゴミ部屋」になるのではないかと思います。というか実家がそうです。

TOP